• 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
{{category 雑記}}
{{category research}}
{{category water}}
[[scrapbox-vitroid:水は迷路を解ける]] 移転しました。(2018-12)
!!水は迷路を解ける!
世間では粘菌が迷路を解く能力を持つ(http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=08/10/03/1141225)ということで大きな話題になっていたりするわけですが、実は私の研究対象である水は、生物ですらないにもかかわらず、迷路を解くことができます。

実験の方法は簡単です。
+まず、マウスに迷路を解かせるのに使うのと同じような、壁で区切られた迷路を準備します。水が溢れないように、入口と出口は一旦ふさぎます。
+スタートには蛇口を、ゴールには排水口を付けます。
+蛇口からゆっくりと水を出します。
+しばらくすると、水は迷路全体にゆきわたります。
+さらに待つと、余剰な水は排水口から出ていきます。
+定常的に水が流れるようになった経路が、その迷路の答です。

驚くべきことに、水は、粘菌と同じように、まずすべての経路をくまなく探査し、それから自発的に最も短い経路を見付けだします。経路を可視化したければ、インクを数滴たらしてみると良いでしょう。

!え?どういうこと?
粘菌と同じぐらい水もすごい能力を持っているの?と思っていただけると、私もイグノーベル賞をもらえるのですが、事実はそうではありません。実は、迷路を解く問題というのは、難しそうに見えて、実は非常に簡単な問題なのです。

最短経路問題は難しい問題だって聞いたけど、という方もいらっしゃるかもしれません。確かに、ある種の最短経路問題(巡回セールスマン問題など)は非常に難しく、計算科学の最難問に位置付けられます。一方、迷路の解法はこれらとは別種の問題で、非常に簡単な解法がいくつもあります。

粘菌が迷路を解けるのは、粘菌がすごい能力を持っているからではなく、迷路を解く問題が簡単だからです。
!Cited
* https://arxiv.org/pdf/1811.09989.pdf 液体を使った計算に関する概論。(2018)
!実証実験
{{youtube nDyGEq_ugGo}}
{{timestamp 1278729085}}
*すごいですね - 名無しさん {{datetime 1281347492,bbstime}}
*水の場合、距離の異なる正解が複数ある場合には両方残りそうですね。粘菌の場合は、そのうち最も短いものだけを選ぶ能力があります。 - bar {{datetime 1286201588,bbstime}}
*流し込む液体の抵抗を大きくすれば、最も流れの速い経路が最短経路であるとは言えます。問題設定にもよるので、必ずしも水が粘菌に劣るとは言えないのでは? - 名無しさん {{datetime 1286202048,bbstime}}
*粘菌で巡回セールスマン問題を解いて見せてくれれば、本気で賞賛します。 - matto {{datetime 1286204274,bbstime}}
//{{comment}}

メニュー

岡山大学

関連ページ

<< 2021-1 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

キーワード

class

gallery

research

water

analysis

fractal noise

risk

lifehack

雑記

survey

software

links

あしあと



最新

2019/8/29

2019/5/28

2019/5/13

2018/12/9

2018/10/11

Add