引っ越しました。

2019年9月よりhttps://vitroid.github.ioに移転しました。
ここにあるコンテンツも今後は引っ越し先で更新していきます。


[class_nu]

2008年度 3年生・物理化学実験(理論化学)課題

以下の問題のうち、2問に挑戦して下さい。

  1. Van der Waals, Berthelot, Dietericiの状態方程式から、それらの臨界点の温度、圧力、体積を求めて下さい。(状態方程式はAtkins P.21にあります。)
  2. 岩塩構造のMadelung定数を求めて下さい。(M定数の意味と値はAtkins p.788に解説があります。)
    1. 最密充填構造(面心立方格子または六方最密充填格子)の充填率を求めて下さい。(Atkins P.785に値があります。)
    2. 正20面体型の局所構造は、準結晶や金属クラスタにみられます。球形粒子を正20面体型に配置した場合の充填率を近似的に求めて下さい。
  3. 最も軽い固体について調べて下さい。(素材、構造、製法、用途など)
  4. ダイアモンドよりも硬い物質について調べて下さい。(どんな物質か、どんな原理で固さを実現しているか。)

図書館で調べても構いませんし、計算機、インターネット、関数電卓、表計算ソフトなど駆使して下さい。ただし、答だけ、というのはだめです。(教科書に答が書いてあります。)

ヒント

  • 1番は、体積-圧力曲線の変曲点を求める問題です。数式を扱うのに慣れている人向け。
  • 2番は、精度良くもとめるためには、かなりの計算量が必要です。表計算ソフトを使えれば、かなり作業が楽になるかもしれません。プログラムで計算するという手もあります。
  • 3-1は簡単です。3-2を計算するには、正20面体の一辺の長さと半径の関係など、幾何学的な考察が必要です。

[2006年1月30日]

[2004年10月26日]

メニュー

岡山大学

関連ページ

<< 2020-8 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

キーワード

class

gallery

research

water

analysis

fractal noise

risk

lifehack

雑記

survey

software

links

あしあと



最新

2019/8/29

2019/5/28

2019/5/13

2018/12/9

2018/10/11

Add